Skip to product information
1 of 4
関連タグ: #WrenandCuff #オクターブファズ #ギターエフェクター #ファズ #歪み系

Wren and Cuff Ace Octave Fuzz / ファズ ギター エフェクター

Wren and Cuff Ace Octave Fuzz / ファズ ギター エフェクター

JANCODE:4560440833850

Regular price ¥30,800
Regular price Sale price ¥30,800
Sale Sold out
Tax included. Shipping calculated at checkout.
\月替わりクーポン『5%OFF』配布中!/
クーポンコードをコピー
firsttimecoupon paymentmethod View full details

Wren and Cuff / Ace Octave Fuzz 
レナンドカフ / エース オクターブ ファズ

 

Wren and Cuff Ace Octave Fuzzは、有名な“Ace Tone Fuzz Master FM-2 Professional”を正確に再現したファズペダルです。
Ace Toneは、エース電子工業が展開していたブランドで、後にローランドの創始者となる梯郁太郎氏が設立したメーカーです。Fuzz MasterシリーズはFM-1からFM-3まで、3作が作られましたが、中でもFM-2が特に有名で、Fuzz Masterを代表するモデルです。
オリジナルFM-2は1968年頃から1971年頃にかけて製造されており、有名なShin-Ei Superfuzzのヴァリアントの1つです。

Ace Octave Fuzzは特にトーンを絞って12F以上の位置を弾くことで、豊かで大胆かつ明瞭なオクターブアップサウンドが得られます。

世界的に定番のヴィンテージオクターブアップファズ、例えばTycobrahe OctaviaやUnivox SuperfuzzとAce Octave Fuzzの最大の違いは、その音色です。
Ace Octave Fuzzにはオリジナルモデル同様、Toneトグルスイッチがあり、このスイッチによってミッドレンジを押し出すサウンドや、ファットで分厚い強烈なローの音色が得られます。

Wren and Cuffの他の“リクリエイション”同様、ただ単に回路図だけを用いてヴィンテージペダルを制作するのではなく、本物のヴィンテージユニットを分解、分析した上で、長年に渡り使用された“現在のヴィンテージペダルの姿”をそのまま再現しました。
現代的な筐体を用いることで、使い勝手はもちろん、オリジナルよりもノイズレスを実現しました。

●特徴
・オリジナルよりもノイズレス
・スタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプター対応、9V電池駆動も対応
・電源由来のノイズを除去するフィルタ回路を増設
・リレースイッチを用いないトゥルー“ハードワイヤー”バイパス
・最高品質のコンポーネンツを用い、Los Angels CAにて制作
・限定生産モデル

●使い方
・ギターのVolumeとToneを積極的に
・ギターのVolumeを軽く下げ、Toneを落とせばオクターブアップが強くなりまネックピックアップにするとより効果的です。
・特にネックピックアップではファットなトーンが得られます。
・ノイジーでテリブル、強烈なファズサウンドにも最適
・Ace Octave Fuzzの前に、さらに別のファズをかけると強力なサウンドが得られます。

 

【Wren and Cuff】

Wren and Cuffは、カリフォルニアの小さなエフェクターカンパニーです。
2006年からハンドメイドギターとベースエフェクターの制作をはじめました。
今、Wren and Cuffは主にヴィンテージサウンドの完全な再現と、新しいサウンドの探求を主としたペダルを制作しています。
そのサウンドは世界中のミュージシャンに支持され、今もどこかで音が鳴らされています!

📢お買い得なキャンペーンをお見逃しなく!

キャンペーン一覧

Collapsible content

在庫状況について

当店では複数のショッピングサイトにて在庫の共有をしております。
最新の在庫状況の反映を心がけておりますが、タイミングにより在庫にズレが発生してしまう場合がございます。そのため、在庫切れによりご注文商品をご用意できない場合もございます。その際は、ご注文をキャンセルとさせていただきますことを、あらかじめご了承ください。

→ 詳しくはこちら(ショッピングガイド)

会社概要

お問い合わせ

コンタクトフォームよりお問い合わせください。
返品、修理に関するお問い合わせはこちらも合わせてご確認ください。
>>保証規定、修理等に関するQ & A