Skreddy Pedals LZ-129 / ブースター ドライブペダル ギター エフェクター

Skreddy Pedals LZ-129 / ブースター ドライブペダル ギター エフェクター

  • ¥25,238
    単価 あたり 
配送料は購入手続き時に計算されます。




種類 ブースター
アダプター 9Vセンターマイナス
電池駆動 9V電池
コントロール VOLUME、GAIN、HEADROOM、CLIPPING


Skreddy Pedals LZ-129

スクレディペダルズ エルゼットヒャクニジュウキュウ

トーンは指先に。
特にファズではなくダーティなブースターを使用するなら、このペダルはプレイヤーが望むものにあふれています。クリーンからダーティトーン、パワー、ドライブ、レスポンス、そして明瞭な高域と歪んだ低域、それらがすべてこのペダルにあります。
ヴィンテージキャラクターを持つペダルですが、どのような音を出すかはすべて指先にかかっています。より強くアタックを前に出すペダルです。

Skreddy LZ-129は、1969年頃に制作されたヴィンテージ“Uni-Drive”をベースに作られたブースター~ドライブペダルです。
オリジナルモデルはフットペダル型のブーストで、6モードのロータリースイッチでドライブレベルを設定し、フットペダルでボリュームを調整するものでした。
これは明らかに歪みはじめの位置に設定されたアンプをプッシュしてオーバードライブを作ることを意図して作られていて、ダイナミックな応答性を持ち、同時にサステインはアンプにまかせ、クリッピングをせず、ゲインを上げるとファズに近い音色を持っていました。そしてあまりにもラウドでした。

LZ-129は、オリジナルペダルが意図した“歪みはじめに設定されたアンプ”の音色までをペダルで作るためにクリッピングセクションを追加し、気持ちの良い音を出しても窓や鼓膜が粉砕されないよう、アウトプットに穏やかなハイカットフィルタを設置しました。

LZ-129の音色は、高音弦ほど明瞭になり、低音弦では楽曲に馴染みます。特に“LZ”の最初の2枚のアルバムではこの特徴の音色を聴くことができます。また、“IV”に収録されたCommunication BreakdownやBlack Dogのリードでもその特性が感じられます。

軽く歪ませたアンプに接続したり、ペダルのクリッピングセクションでアンプの歪みをエミュレートして使用します。ダーティなアンプをプッシュしてディストーションを作ったり、クリーンアンプに接続してユニティゲインのままボリュームをキープするような使い方も可能です。

HEADROOMコントロールを使えば、アンプのドライブをエミュレートするクリッピングセクションのクリッピングを制御できます。CLIPPINGスイッチでクリッピングをバイパスしてよりラウドな音を出すこともできます。


●コントロール
・Volume:音量を調整します。
・GAIN:クリーンブーストからファズライクなトーンまで歪みを調整します。
・HEADROOM:クリッピングセクションでのクリッピングの強さを調整します。
・CLIPPING:クリッピングを通すかバイパスするかを切り替えます。

●電源
LZ-129はスタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプター、または9V電池で駆動します。



Skreddy Pedals

Skreddy Pedalsは、カリフォルニアで長年エフェクターを製作しています。
ビルダーを務めるMarc Ahlfsの、非常に高い各パーツへのこだわりと、その結果による素晴らしいサウンドは世界中から評価され、今では世界を代表するハイクオリティなエフェクターブランドの1つとして知られています。
世界中のプレイヤーが渇望するそのエフェクトペダルはあまりの人気で、オーダー後数ヶ月待ちという状態が続くこともあり、またレアなパーツを大量に使用するため、パーツの入手状況によって細かなモデルチェンジを繰り返すこともありますが、それでも、常に最良かつ最高の音にこだわり続けるSkreddy Pedalsの姿勢と、そうして作られたエフェクトは、多くのプレイヤーを虜にしてきました。一度味わうと忘れられない、感動的なサウンドこそがskreddy Pedalsの神髄なのです。