f
▽関連タグ

【今だけDC Porter Nano付き!】One Control BUTTER YELLOW AUTO QUACK / オートワウ フィルター ギター ベース エフェクター

    税込み 
  • ¥15,180
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

\ 税込み10000円以上で送料無料! /
   


お支払い方法
▼ ※動画のデザインはプロトタイプです。


 

種類 オートワウ、フィルター
アダプター 9Vセンターマイナス
電池駆動 9V電池
コントロール DECAY、BIAS、SENS、MELLOW/BRIGHT


One Control BUTTER YELLOW AUTO QUACK

ワンコントロール / バターイエローオートクアック


リードトーンに表現を加えたり、ファンキーなカッティング、跳ねるようなベースなど、エンベロープフィルターを使いこなすと、楽曲やプレイの表現力が大きく広がります。

One Control BUTTER YELLOW AUTO QUACKは、とても小さなサイズに、最高峰のエンベロープフィルターを組み合わせた実践的なペダルです。

オートワウやフィルター系のペダルは、多くのコントロールノブを搭載し、大柄な筐体を持つペダルが少なくありません。そのためフィルターをペダルボードに入れる際には決まった楽曲をプレイする時だけになってしまったり、フィルターを使うことが重要になってしまうことがあります。

しかし、たとえ楽曲の中で2秒しか使わなくても、エンベロープフィルターは新たな表現や新しい風合いを楽曲に加えることのできるパワーがあります。

もっと手軽に扱えて、それでいて主役にもなれるサウンドを持つエンベロープフィルターが欲しい。そう世界中のギタリストやベーシストは求め続けてきました。

BUTTER YELLOW AUTO QUACKは、3つのコントロールノブを設定するだけでギターやベース、アクティブやパッシブピックアップなど様々な楽器に合わせて使うことのできるエンベロープフィルターです。
本体側面にはMELLOW/BRIGHT切り替えスイッチがあり、フィルターのトーンを大きく変えることができます。

BRIGHTモードは70Hz~3kHzにかかるフィルターで、より激しいうねりや叫びのようなトーンです。

MELLOWモードは70Hz~600Hzのフィルターで、より暖かでワウペダルのようなトーンを作り、ベースにも適したモードです。

BIASコントロールでフィルターの開始位置を設定し、SENSで楽器の特性やピックアップに合わせて動きを調整、DECAYでフィルターのかかる長さをコントロール。ただそれだけでフィルターの音色を作ることができます。

ワウのようなゆっくりとした動きから素早い“クアック”まで、多くのフィルタートーンがこのペダルに詰まっています。


●特徴
・ギター、ベースの両方で使うことのできる小さなエンベロープフィルター
・2種類のサウンドを切り替えるMELLOW/BRIGHTスイッチ
・シンプルな操作でハイエンドなフィルターサウンドを実現
・ワウペダルからクアックまで、広いフィルタートーンをカバー
・ボードにも入れやすく、どこにでも持っていけるミニサイズペダル
・9V電池での駆動も可能

●コントロール
・BIAS:フィルターの開始位置を設定します
・SENS:楽器の特性に合わせてフィルターの応答性を調整します。
・DECAY:フィルターのかかる長さを調整します。
・MELLOW/BRIGHT:フィルターのかかる帯域を切り替えます。

●スペック
インプットインピーダンス : 550K
アウトプットインピーダンス : 1K
駆動電圧 : 9V
消費電流 : 3.5mA
S/N比 : 80dB
サイズ:39Wx100Dx31H mm(突起含まず)
    47Wx100Dx48H mm(突起含む)
重量:およそ160グラム(電池挿入時200グラム)
※電池は付属しません。


BUTTER YELLOW AUTO QUACK(BYAQ)は様々な楽器でクアックサウンドを作れるよう開発したペダルだ。インプットと共にフィルターが動くので、ペダルボードの先頭に置いて使ってみて欲しい。PBCを前に置いてトランジェントを整えても良いだろう。BYAQがあればワウペダルだけでなく、様々なフィルターサウンドを作れると信じている。
───Bjorn Juhl

BUTTER YELLOW AUTO QUACK マニュアル.pdf


One Control

2010年3月11日。

将来、ストンプマーケットの歴史を変えることになるそのブランドは、
小さくとも高らかな産声を日本であげました。

One Control(ワンコントロール)。
細部にまで拘った商品は、贅沢という言葉が一番しっくりくるでしょう。

徹底したユーザーフィードバックの拾い上げによる商品構築は、
一番の遠回りに見えますが、実は一番の近道であると
言うことを我々の商品によって実証できると
確信しています。

これまでの製品を凌駕するその品質とスペックは、
膨大な実験を繰り返して来たからこそと自負できます。
 
One Controlの前で、One Control以外の製品は
まるで輝きを失ってしまうでしょう。
それはその他製品のせいではありません。
今までの全ての理論を覆してしまった
我々の製品の責任なのですから。

One Controlを足元に置いて、歴史の証人になりましょう。



オススメ商品