Olsson Amp  BJF100 /  アンプヘッド

Olsson Amp BJF100 / アンプヘッド

  • ¥454,495
    単価 あたり 
配送料は購入手続き時に計算されます。




Olsson Amp BJF100

オルソンアンプ ビージェイエフヒャク


Olsson Amplification BJF100は、様々なスタイルの音楽制作をカバーする100W真空管アンプヘッドです。

One Control、BJFEなど多くのエフェクターを制作し、数々のアンプ制作やリペアも行うBJFことBjorn Juhlによってデザインされたギターアンプです。

EL34パワー管を用いた2チャンネルアンプで、2つのチャンネルはどちらもクリーントーンからドライブサウンドを可能とする独自の構造で作られています。
チャンネル1はクリーントーンからヘヴィなギターサウンドまでを、チャンネル2はクリーントーンから分離感の良いクランチなトーンを作ることができます。
特にチャンネル2では、単なるクリーントーンではなく、ギタリストが真に求める、“きらびやかな”存在感のあるクリーントーンを作ることができます。
一般的なギターアンプでは、このサウンドはパワーアンプセクションで作られますが、BJF100ではプリアンプ部でこの美しいトーンを実現したため、小さめの音量でも真空管アンプならではの味わいのあるサウンドを作ることができます。

2つのチャンネルはほとんど共通構造を持たず、ほとんどの部分で独立しているため、それぞれのチャンネルに最適化されたサウンドを作ることができます。
それぞれのチャンネルには個別の3バンドEQとPresenceコントロールを搭載しています。
また、BJF100のユニークなプリアンプデザインにより、エフェクターと併せて使用する際に透明なトーンを実現します。SEND LEVELとRETURN LEVELをコントロールできるエフェクトループにはディレイやリバーブなどのタイムベースエフェクトを接続するのに最適化されています。

チャンネル1(ドライブチャンネル):Volume、Gain、Treble、Middle、Bass、Clean/Crunchスイッチ、Presece 1
チャンネル2(クリーンチャンネル):Volume、Gain、Treble、Middle、Bass、Presence 2

2つのチャンネル切り替えと、チャンネル1のClean/Crunchスイッチを切り替えるフットスイッチが付属します。
また、ラッチスイッチを使用してエフェクトループのON/OFFを切り替えることができます。

1x16Ω、1×8Ω/2×16Ω、1×4Ω/2×8Ωに対応する2つのスピーカーアウト端子を搭載し、様々なスピーカーキャビネットに接続することができます。

●スペック
モデル名:BJF100
駆動電力:100W 50/60Hz
許容電圧範囲:+/-10%
最大消費電力:375W
動作環境温度:0-35℃

最大出力:100W(4,8,16Ω)
インプットインピーダンス:1MΩ
エフェクトループ;シリアル(SEND/RETURN LEVELコントロール搭載)
パワーチューブ:4×EL34
パワーアンプ:固定バイアス(真空管交換時にバイアス調整が必要)
プリアンプチューブ:4×12AX7

サイズ:640×280×210 cm
重量:22kg


Olsson Amp

Olsson Amplificationは、2011年にJohn OlssonとRigmor Lidfeldtによって設立された、スウェーデンのハンドメイドアンプメーカーです。

70年代、John OlssonはストックホルムのHagstromMusicでサウンドのサービスエンジニアを経験し、ギターアンプとミキサーコンソールのデザインを学びました。
その後、ステージで使用するカスタムミキシングコンソールを構築し、真空管アンプキットを制作しました。
2011年、ついにビジョンを実現するためのアンプメーカーを設立し、最高峰のサウンドとクオリティを持つハンドワイヤードギターチューブアンプ専門のOlsson Amplificationを設立しました。