Mooer  Redkid

Mooer Redkid

  • ¥9,285
    単価 あたり 
配送料は購入手続き時に計算されます。




種類 ワウペダル(ギター・ベース用)
アダプター 9Vセンターマイナス
電池駆動 -
コントロール -

ムーア― レッドキッド
"Redkid"
Mooer RedKidはワウペダルとトーキングボックスの中間的な、トーキングワウペダルです。ボーカルのような音を作るための個性的なエフェクトペダルで、トークボックスやボコーダーのようなサウンドを2種類収録しています。
クラシックなワウペダルと同様のシンプルな操作で豊かな表現力を持ってギターが喋りだします。マイクを使って複雑なセッティングを行ったり、ホースをくわえたりする必要もありません。通常のエフェクターのように、ケーブルで接続するだけです。

Mooerオリジナルの感圧センサースイッチはペダルに足を乗せるだけでエフェクトのON/OFFが可能。さらにクラシックなプレイスタイルを愛するプレイヤーのため、ペダルを踏んでON/OFFを切り替えるよう設定することもできます。

ミニサイズペダルと同等の超コンパクトサイズ。そのまま操作することはもちろん、ペダルリングを展開することで、ペダル部のサイズを拡げ、より高い操作性を実現します。
折りたたみ式のペダルリングにより、移動時は極小サイズに、演奏時はペダル部のサイズだけを大きくすることが可能となりました。


●特徴
・人の声のような音を作るトーキングワウペダル
・2種類のボーカルサウンドを切替え可能
・感圧センサースイッチにより、足を乗せるだけでエフェクトONに
・3種類のスイッチモードによって多彩なプレイスタイルに適合
・超小型筐体に、展開可能なペダルリングを装備
・トゥルーバイパススイッチ、DC9Vアダプターで駆動


●セットアップ
・楽器側のケーブルをRedKidのインプットに接続します。

・アンプや他のエフェクタへのケーブルをRedKidのアウトプットに接続します。

・ペダルに足を乗せれば(センサーモード)トーキングワウエフェクトがかかります。ペダルを動かすことでギターがしゃべるような音を出します。

・ユーザーのプレイスタイルや好みに合わせ、ペダルリングを展開することができます。リングを折りたたんだ最小サイズの状態から、奥側だけ、手前だけの片方や前後両方のリングを展開することで、最も好みに合った操作性を選ぶことができます。

●3つのスイッチングモード
RedKidには3つのスイッチングモードがあります。

・Sensor Mode:足をペダルに置くだけでエフェクトがONになり、足を離せばトゥルーバイパスとなるモードです。

・Hold Mode:ペダルのセンサーを2回タップすることでエフェクトのON/OFFを切り替えるモードです。クラシックなスタイルの操作性に近く、またエフェクトONのまま足を離すことができ、半止めエフェクトとして使う際にも有効です。

・Switching Mode:センサーモードとホールドモードをセンサー2回タップで切り替えることができるモードです。センサーモードとして使用する場合と、半止めなどホールドモードとして使用する場合の両方の使い方ができます。

●モード切替え
RedKidの3つのモードを切り替えるには、ペダルを手前まで戻し(ヒールダウン/トウアップ)、手前側のセンサーを踏んだままアダプターを差し込むことで可能です。この状態では電源を入れ直すたびにモードが変わります。電源を入れた際、赤LEDの点滅回数でモードを表示します。

・Sensor Mode:LEDが1回点滅
・Hold Mode:LEDが2回点滅
・Advanced Mod:LEDが3回点滅

●トークモードの切替え
RedKidには2つのトークモードがあり、2種類のサウンドを切替えることができます。
2つのトークモードを切り替えるには、ペダルを奥まで踏み込み(トウダウン/ヒールアップ)、奥のセンサーを踏んだままアダプターを差し込むことで可能です。この状態では電源を入れ直すたびにモードが変わります。電源を入れた際、青LEDの点滅回数でモードを表示します。

・モード1:LEDが1回点滅
・モード2:LEDが2回点滅


●スペック
インプット:1/4インチモノラルオーディオジャック(インピーダンス:1MΩ)
アウトプット:1/4インチモノラルオーディオジャック(インピーダンス:100Ω)
電源:レギュレートされたセンターマイナスDC9Vアダプター(電池はご使用になれません)
消費電流:130mA
サイズ:128mm(D)×55mm(W)×48mm(H)
重量:460g
Mooer Audio
Mooer Audioは、最先端の技術を投入し、様々な電子楽器やオーディオ機器を研究、製作を行っています。Mooer Audio独自の強力で効率的な研究開発チームにより、シンセサイザーやオーディオプロセッサー、デジタルエフェクトに至るまで数々の音楽と深い関わりを持つ電子楽器の開発を行っています。
Mooerの開発目標は、"Listen To Technology" です。常に技術革新と追求を行い、トップレベルの機材によって音楽の楽しみを提供したいと思っています。
品質を第一に、プレイヤー目線で最高のサービスを提供し続けます。