▽関連タグ

Lone Wolf Blues Company Little Red / ダイレクトDIボックス

    税込み 
  • ¥9,643
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

\ 税込み 1万円以上で送料無料! /
   


お支払い方法


種類 DI
アダプター
電池駆動
コントロール GROUND LIFT


Lone Wolf Blues Company Little Red

ローンウルフブルースカンパニー / リトルレッド



Lone Wolf Blues Compay Little Redは、小さなパッシブDIボックスです。
DIボックスはPAを使用するミュージシャンにとっては無くてはならないツールです。
ブルースハープをフィードバックなしに演奏したい。それならDIを通してPAに出すのが正解の1つでしょう。
Little Redは小さなDIボックスで、電源も必要としません。

DIボックスを使う利点は様々なものがあります。1/4インチモノラルフォンのアンバランスシグナルをXLRバランスシグナルに変換します。DI(Direct Input)は特にケーブルが長くなるほど役立ちます。ケーブルをシグナルが通る際の外部ノイズが紛れ込むこと無く、より長くシグナルを送信できます。その際にはローインピーダンスのマイクケーブルを使用します。
1/4インチアンバランス楽器ケーブルには中心導体とシールドの2つの導体があり、中心導体は信号の正、シールドは負のシグナルを通します。XLRケーブルには3つの導体があり、2つは信号の正と負、1つはアースシールドとなります。これによりはるかに優れたノイズ耐性を実現します。ローインピーダンスバランスドケーブルの長さは、アンバランスシグナルが60m程度が限界とされているのに対し、はるかに長くシグナルを送ることができます。Little Redにはグラウンドリフトスイッチもあり、グラウンドループノイズが発生する場合にはこれをリフトしてカットすることもできます。

ブルースハープでは、ギターアンプを使用することがあります。一部のアンプはブルースハープに適しておらず、音量が出ないことがあります。そんなときはLittle Redを使ってPAに送る方が音が良くなることもあります。

●特徴
・1/4インチモノラルインプット
・グラウンドリフトスイッチ
・XLRアウトプット




Lone Wolf Blues Company


Lone Wolf Blues Companyは、ハーププレイヤーのための高品質なエフェクトペダルを制作しています。Lone Wolf Blues Companyのペダルは、音色をロスせず、ネガティブエフェクトも無くオリジナルハープトーンを作ることが出来ます。

Lone Wolf Blues Companyは、ブルースを愛する気持ちと、音楽をプレイしたいという願いから生まれました。代表でありビルダーのRandyはブルースハープから音楽に触れ始めました。そして、ハーププレイヤーならば誰しもが通る、ヴィンテージチューブアンプへの興味という道を進みました。
Randyは古い真空管の技術を学び、Silvertone 1482アンプの復元にとりかかります。

ブルースハープのためだけに設計された完璧なチューブアンプを制作するための探求を初め、テスト筐体やヘッドのモックアップを制作しました。
ブルースハープでは特にマイクロフォンを、マイクにとってはゲインの高いギターアンプに接続するため、ハウリングやフィードバックの問題が起こり、またギターアンプはブルースハープにとってはあまりにレスポンスが高過ぎる場合もあります。
Randyはプリアンプ部の幅広い調整を繰り返し、これらの問題をアンプのファイナルステージにおけるまで解決し、同時にハーププレイヤーが望むトーン、レンジ、そして歪みを得られるようになりました。

また、さらに新たなプロジェクトを求め、Randyはブルースハープのためのディレイペダルを設計し始めました。それがHarp Delayペダルです。このペダルをフォーラムに投稿した所、世界的なブルースハーププレイヤーのRyan Harttから連絡があり、大変気に入っていただきました。そして、さらにハープ用のペダルを制作することを決めたのです。


オススメ商品

日本語