Sweet Sound  Mojo Vibe

Sweet Sound Mojo Vibe

    税抜き 
  • ¥39,622
    単価 あたり 
配送料は購入手続き時に計算されます。

■ 税込み ¥10,000以上の購入で送料無料 !!


スウィートサウンド モジョヴァイブ
"Mojo Vibe "

数々のプロフェッショナルプレイヤーにより、Sweet SoundのUltra Vibeは本物の「ヴィンテージUni-Vibe」のサウンドそのものであり「手元に置いておくべきペダル」だと絶賛されています。
Mojo Vibeは、Ultra Vibeと同等の音色を実現しながら、ほぼ半分のサイズで、よりコンパクトに作られました。

Mojo Vibeは脇役のエフェクターではありません。Mojo Vibeに搭載された機能は、プロギタリストとして35年以上の経験を持ったボブ・スウィートと、多くのユーザーの声を合わせた上で厳選されたものです。
Ultra Vibeよりもさらに小さく、それでいてヴィンテージUni-Vibeそのものの音色が必要なら、Mojo Vibeを超える選択肢は存在しないでしょう。

●特徴
・9V DC駆動
Mojo Vibeは、スタンダードなセンターマイナスの9VDCアダプターで駆動します。Uni-Vibe本来の音色を得るため、内部で18Vに昇圧されています。

・切替可能なFETバッファープリアンプ
内部のDIPスイッチにより、暖かなヴィンテージバッファーとモダンでブライトなFETバッファーのサウンドを切り替えられます。多くのヴァイブペダルでは、ヴィンテージ/モダンバッファーの切替を、単なる抵抗値の切替などで行っていますが、それではモダンな音色は得られません。FETバッファープリアンプならば、ヴィンテージバッファーのようにダイナミックレンジが狭まることのないサウンドが得られます。これらのバッファーは、エフェクトON時にのみ有効になるため、バイパス時はトゥルーバイパスとなります。
初期設定ではバッファーはヴィンテージモードにセットされています。

・Speedコントローラーインプット
Mojo Vibeは、パッシブのヴォリュームペダルやエクスプレッションペダルを接続することができます。
エクスプレッションペダルにより、Speedコントロールを本物のユニヴァイブのようにフットペダルで調整することができるようになります。
Mojo Vibeは様々なペダルに対応していますが、特に100K リバースログテーパーのポットを用いたペダルが最適です。1/4インチのステレオケーブルに対応するエクスプレッションペダルなら、多くのモデルで十分に動作することを確認しています。また、Roland等の、ペダルに直接ケーブルが出ているシンセサイザー用のペダルでも動作します。
パッシブのヴォリュームペダルを接続する場合、片側がステレオプラグになっているY時ケーブルを使用し、モノラル側のプラグをヴォリュームペダルのINとOUTに接続することにより動作させることができます。Y字ケーブルはミキシングコンソールなどによく使用され、一般的な楽器店や電器店などで取り扱われています。

・Chorus/Vibratoスイッチ
Mojo Vibeの音色、またオリジナルUni-Vibeの音色はコーラスエフェクトではありませんが、元の用語に従います。この小さなトグルスイッチで、オリジナルUni-Vibeの「Chorus」と「Vibrato」を切替えることができます。

・Volumeコントロール
音量を調整します。

・Intensityコントロール
エフェクトの深さを調整します。スウィープのバイパスを微調整することもできます。

・Speedコントロール
エフェクトの揺れの速さを調整します。スロウなローリングフェイズサウンドから、水面が泡立つような音色、さらにパルスサウンドのようなハイスピードモジュレーションまで調整可能です。

・LED付きトゥルーバイパス
・アルミニウム筐体
・パープルカラー

●Mojo VibeとUltra Vibeの違い
Mojo VibeとUltra Vibeは、機能的にはほぼ同じで、内部の構造なども似通っています。
Mojo VibeはChorus/Vibrato切替がトグルスイッチで、Ultra Vibeはフットスイッチです。
また、Mojo Vibeはエクスプレッションペダルを使うことができ、9Vアダプターで駆動します。
音色はUltra Vibeの方が透明感と立体感が強く、ダイナミックレンジの広さを感じます。Mojo Vibeはダイナミックレンジが抑えられ、少しエグみが強い音色です。Ultra Vibeと比較すると、立体感は多少薄れます。
Sweet Soundは、ボブ・スウィートの音楽への想いと、サウンドクオリティへの高いこだわりから生まれました。

アメリカ、ミシガン州デトロイトの郊外にある小さな町で、Sweet Soundは始まりました。まだ少年だったボブはギターに魅せられ、新しい世界に飛び込もうとしていたのです。
70年代中頃になると、ボブ・スウィートはその地域で最も耳の良い、優れたギタリストとして知られるようになります。“正しい音”を追求するあまり、ボブ・スウィートは自分のエフェクトペダルを作るようになりました。
90年代には、Sweet SoundのMojo VibeやUltra Vibeは最高のヴァイブペダルであると評判になり、世界中からリスペクトを集めるペダルメーカーの1つとなりました。Sweet Soundは今でも地域で、全米で、そして全世界で知られるエフェクターブランドです。

2007年、ボブ・スウィートはガンだと診断され、8ヶ月の闘病の後、亡くなりました。しかし、彼を惜しんだ多くのエフェクターブランドの協力により、Sweet Soundは復活を遂げたのです。
スウィートのファミリーはSweet Soundの継続に力を注ぎ、Sweet Soundの優れた技術、品質、そして音へのこだわり、音楽を愛する心は今も変わらず続いています。

・Special Thanks To
ジョージ(Pedalworx):彼の知識と友情に。
リチャード(ステンドグラスアーティスト):Sweet Soundを世界に広める役割を果たしてくれました。
マイク(Analog.Man)、テディ(Musictoyz)、デイヴ(Dave's Woodstock Music)、ゲイリー(Amp shop)、コリー(PrymaxeVintage)、そしてダレン・ジョハンソンの美しいSwirlペイントに。

Sweet Soundは、全ての販売店に感謝します。
そして何よりも、Sweet Soundを手にとって下さったプレイヤーに、感謝の意を表します。

・Sweet Sound Pedal Uses
Brad Whitford (Aerosmith)
Lenny Kravitz
Jim Weider
Josh Smith
Ty Tabor
(King's X)
Steve Stevens
Charlie Sexton
( Producer, guitarist with Bob Dylan, Arc Angels)

Jesse Gress (Todd Rundgren's band)
Jared Scharff
Andy Aledort
(Experience Hendrix Tour)
Jon Carin / Dave Kilminster (Roger Waters "Dark Side of the Moon" Tour 2006)
Philip Sayce
Galo Rivera
Tre Sheppard
(100 Hours)
Bill Hullett
Dave Malone
(The Radiators)
James Pennebaker (Leroy Parnel, Big & Rich)
Kirk Fletcher (The Fabulous Thunderbirds)
Glenn Pierce
Lance Keltner
(Guitarist with Simranking and Rod Stewart)
Michael Katon
Gwyn Ashton
Audley Freed
(The Black Crowes and Jimmy Page and the Black Crowes)
Marc Ford (Black Crowes)
Brad Fernquist (Michelle Branch, Fastball, New Radicals, Danielle Brisebois, Hillary Duff, Lisa Marie Presley, The GooGoo Dolls)
Matt Scannell (Vertical Horizon)
Greg Jennings (Restless Heart)
Reverend David Lee (River City Rockets)
Barry Richman
Clay Hullett
(Hullett Amplifiers)
Jeff Morris (Cadillac Hitmen)
Lee Michael Wertman
Reggie Young
Wally Farkus