Old Blood Noise Endeavors WHITECAP / トレモロ  エフェクター
▽関連タグ

Old Blood Noise Endeavors WHITECAP / トレモロ  エフェクター

    税込み 
  • ¥25,175
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

\ 税込み 1万円以上で送料無料! /
   


お支払い方法


種類 トレモロ
アダプター 9Vセンターマイナス
電池駆動
コントロール RATE1、DEPTH1、VOLUME1、RATE2(RAMP)、DEPTH2、VOLUME2、WAVEFORM、SEROES/PARALLEL、BYPASS、TAP、SUBDIVISION


Old Blood Noise Endeavors WHITECAP

オールドブラッドノイズエンデバーズ ホワイトキャップ


Old Blood Noise Endeavors WHITECAPは、3つのコントロールを持つアナログトレモロと、マルチシェイプのデジタルタップトレモロを1台のペダルにまとめた、個性的なデュアルトレモロエフェクトです。
2つのトレモロエフェクトは直列、または並列に組み合わせることができ、単に音を規則的に上下させるだけではない、新しいトレモロテクスチャをうみだすことができます。
クイックチョップ、スローランプ、非対称モジュレーション、スムースなサイントレモロ、フェイズフリップアンジュレーション、テクスチュアルリズミックドリフト・・・・・・WHITECAPにはすべてがあります。

WHITECAPの2つのトレモロは個別に使うこともできます。シンプルでクラシックなトレモロから、複雑で独創的なリズムまで、多くのサウンドをカバーします。

●コントロール
SERIES/PARALLEL:2つのトレモロエフェクトの接続を切り替えます。SERIESにすると、前段にアナログ、後段にデジタルトレモロが直列に接続され、PARALLELにすると2つのトレモロが並列に接続され、最後にミックスされます。

RATE1:アナログトレモロのスピードを調整します。

DEPTH1:アナログトレモロの揺れ幅の深さを調整します。最小に設定するとアナログトレモロをかけず、VOLUME1コントロールのみが有効になります。

VOLUME1:アナログトレモロの音量を調整します。音量をブーストすることもできます。

RATE2:デジタルトレモロのスピードを調整します。

DEPTH2:デジタルトレモロの揺れ幅の深さを調整します。最小に設定するとデジタルトレモロをかけず、VOLUME2コントロールのみが有効になります。

VOLUME2:デジタルトレモロの音量を調整します。音量をブーストすることもできます。

WAVEFORM:上段中央にあるノブで、デジタルトレモロの波形を5種類から選択できます。選択できる波形はサイン、トライアングル、スクエア、ソー、リバースソーです。

BYPASS:エフェクトのON/OFFを切り替えるフットスイッチです。OFF時はトゥルーバイパスとなり、ON時は2つのトレモロエフェクトがONとなります。リレースイッチを用いたバイパススイッチです。

TAP:デジタルトレモロのスピードをタップテンポで設定できます。2回スイッチをタップするとテンポが決定されます。
タップしたテンポに対し、実際にデジタルトレモロに設定されるスピードの割合は、トップマウントされたSUBDIVISIONスイッチで切り替えることができます。選択できるサブディビジョンは4分音符、8分音符、3連符です。

EXT TAP:1/4インチモノラルTSプラグを使って外部タップスイッチやクロックと接続することで、デジタルトレモロのテンポを外部スイッチからコントロールすることができます。

RAMPモード
TAPフットスイッチを長押しすると、WHITECAPはRAMPモードに入ります。このモードでは、デジタルトレモロのスピードが加速または減速します。この時、TAPスイッチを押しながらRATE2ノブを動かすことで加速または減速のコントロールができます。12時位置では加速も減速もせず、そこから時計回りで加速、反時計回りで減速します。設定が終わったらTAPスイッチを離します。

WHITECAPはスタンダードなセンターマイナス9VDCアダプターで動作します。消費電流は106mAです。電池はお使いになれません。

WHIECAPのデザインはJeffrey Alan Loveによるものです。


Old Blood Noise Endeavors

 

TAKE RISKS. MAKE NOISE.

Old Blood Noise Endeavorsは、ペダルを作ること、音楽を聴くこと、そしてコーヒーを飲むことを至上の喜びとしています。
時々動画を作ったり、絵や文章を書いたり、冗談を言ったりもします。

Old Blood Noise Endeavorsはガレージからスタートしました。というより、ガレージに戻ってきました。
いくつかのエフェクターメーカーで経験を積み、作りたいペダルを作ることが出来るようになりました。そこで、マニアックでニッチな、本当に好きなエフェクターを作るためにOld Blood Noise Endeavorsを設立したのです。
Old Blood Noise Endeavorsは、Brady SmithとSeth McCarrollがエフェクターを制作し、また音楽を作ったり聴いたり、コーヒーを飲んだり、考えたりします。マッツ・ミケルセンの次の作品を待ち望んだり、脚本を書いたりはしません。
Atria CreativeのBlake StuddardやDisaster Area DesignsのMatthew Farrow、Learn to BrewのScott Windsorをはじめとする才能ある友人に支えられ、Old Blood Noise Endeavorsは日々制作と開発を続けています。


オススメ商品

日本語