Old Blood Noise Endeavors MAW / マルチエフェクター コーラス フェイザー フランジャー オクターブ リバーブ ディレイ ギター エフェクター

Old Blood Noise Endeavors MAW / マルチエフェクター コーラス フェイザー フランジャー オクターブ リバーブ ディレイ ギター エフェクター

    税込み 
  • ¥37,745
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

■ 税込み ¥10,000以上の購入で送料無料 !!




種類 マルチエフェクター、オクターブ、フェイザー、フランジャー、ディレイ、リバーブ
アダプター 9Vセンターマイナス
電池駆動
コントロール MIC LEVEL、PAD、BLEND、TONE、VOLUME、MIX、EFFECT、CTR1、CTR2、MIX、EFFECT、CTR1、CTR2、OUTPUT SLECT、A、B、SATURATION


Old Blood Noise Endeavors MAW

オールドブラッドノイズエンデヴァーズ エムエーダブリュー


Old Blood Noise Endeavors MAWは、多彩な楽器やヴォーカルなどにも使うことのできる、10種類のエフェクトを搭載した多目的なペダルです。
多彩な入出力端子を装備し、多くの楽器やシステムに美しいサウンドを加えることができます。

ヴォーカル用のエフェクトを作ってほしい、というリクエストから始まったMAWは、ステージからスタジオまで、様々なパートで、様々なシチュエーションで使用できるペダルとして生まれました。

●特徴
・楽器だけでなく、マイクレベルのシグナルにも対応するプリアンプを搭載
・Blend、Volume、Toneコントロールを搭載するON/OFF可能なサチュレーションセクション
・2つの独立したエフェクト選択スイッチ(モジュレーション、ディレイ、リバーブ、オクターブ)とコントロールノブ
・外部エフェクトを組み合わせることのできるエフェクトループ
・レコーディングでも威力を発揮するポストサチュレーションドライアウト
・モメンタリ/ラッチの両方の機能を持ったリレーバイパススイッチ
・最後の残響を残すTrail

●インプット
MAWのインプットジャック(XLR/Phoneコンボジャック)にプラグを接続したとき、それがXLRプラグの場合、MIC LEVELとPADスイッチが有効になります。PADスイッチは最大20db、シグナルレベルを落とすことができます。MIC LEVELでプリアンプレベルを調整します。

●サチュレーション
インプットセクションの次にはON/OFF可能なサチュレーションセクションがあります。ONにするとBLENDスイッチでクリーンブーストとディストーションをブレンドします。左へ回すとブースト、右へ回すとディストーションが強くなります。TONEノブはローパスフィルターで、音色の明るさを調整できます。VOLUMEノブはペダル全体の音量を調整します。


●エフェクト・タイプ
MAWはエフェクトAとエフェクトBにそれぞれ5種類のエフェクトを収録し、それらをCTR1とCTR2ノブで個別にコントロールすることができます。また、それぞれに搭載されたMIXノブでドライとウェットのバランスを調整します。

・エフェクトA
Octaves:上下オクターブを加えます。CTR1でオクターブ下、CTR2でオクターブ上の音量を調整します。

Phaser:クラシックなフェイザーです。CTR1でRate、CTR2でDepthを調整します。

Short Delay:短いディレイタイムのクラシックディレイです。CTR1でディレイタイム、CTR2でフィードバックを調整します。高く設定しても発振せずに長いフィードバックを作ることができます。

Reverb1:リバーブエフェクトです。CTR1でイニシャルフィードバック、CTR2で長さを調整します。

Reverb2:プリディレイを調整できるリバーブです。CTR1でプリディレイ、CTR2で長さを調整します。

・エフェクトB
Rotary:ロータリースピーカーサウンドを再現したモジュレーションエフェクトです。シグナルを高域と低域に分けます。CTR1で低域のRate、CTR2で高域のRateを調整します。

Flange:クラシックなフランジャーです。CTR1でRate、CTR2でDepthを調整します。

Long Delay:Short Delayよりも長いディレイタイムのディレイです。CTR1でディレイタイム、CTR2でフィードバックを調整します。高く設定しても発振せずに長いフィードバックを作ることができます。

Reverb3:Reverb1/2よりも広い空間的なリバーブです。CTR1でイニシャルフィードバック、CTR2で長さを調整します。

Reverb4:プリディレイを設定できる、より長いリバーブです。CTR1でプリディレイ、CTR2で長さを調整します。


●エフェクトループ
MAWにはエフェクトAとエフェクトBの間にエフェクトループを搭載し、2つのエフェクトを独立して外部エフェクトと組み合わせることができます。エフェクトループに何も接続しなければ、エフェクトAとエフェクトBが直結されます。

●フットスイッチモード
各フットスイッチはモメンタリ(踏んでいる間だけ切り替わる)とラッチ(踏むとON/OFFを切り替え)の機能があります。フットスイッチを踏んだとき、そのまま踏み続けると自動的にモメンタリモードとなり、足を離すともとの状態に戻ります。例えばエフェクトOFF時に長押しすると踏んでいる間だけONに、エフェクトON時に長押しすると踏んでいる間だけOFFになります。短く踏むとそれぞれON/OFFを切り替えます。

また、ディレイとリバーブエフェクトを選択しているとき、エフェクトをOFFにすると最後の残響を残したままナチュラルに音をバイパスするTrailとなります。

●アウトプットセレクト
OUTPUT SLECTスイッチにより、フォン端子またはXLR端子のどちらに出力するかを切り替えることができます。上ポジションにするとINST OUT(フォンアウト)から、下ポジションにするとXLRアウトから出力されます。XLRアウトはドライとウェットを個別に出力できます。ドライアウトはSaturationセクションから直結されたサウンドとなります。

●EXP端子
MAWのEXP AとEXP B端子は、それぞれエフェクトAとエフェクトBのCTR2をエクスプレッションペダルやExpression Sliderでコントロールすることができます。


MAWはスタンダードなセンターマイナス9VDCアダプターで動作します。消費電流は210mAです。電池はお使いになれません。

MAWのアートワークはJesse Weissによるものです。


Old Blood Noise Endeavors

TAKE RISKS. MAKE NOISE.

Old Blood Noise Endeavorsは、ペダルを作ること、音楽を聴くこと、そしてコーヒーを飲むことを至上の喜びとしています。
時々動画を作ったり、絵や文章を書いたり、冗談を言ったりもします。

Old Blood Noise Endeavorsはガレージからスタートしました。というより、ガレージに戻ってきました。
いくつかのエフェクターメーカーで経験を積み、作りたいペダルを作ることが出来るようになりました。そこで、マニアックでニッチな、本当に好きなエフェクターを作るためにOld Blood Noise Endeavorsを設立したのです。
Old Blood Noise Endeavorsは、Brady SmithとSeth McCarrollがエフェクターを制作し、また音楽を作ったり聴いたり、コーヒーを飲んだり、考えたりします。マッツ・ミケルセンの次の作品を待ち望んだり、脚本を書いたりはしません。
Atria CreativeのBlake StuddardやDisaster Area DesignsのMatthew Farrow、Learn to BrewのScott Windsorをはじめとする才能ある友人に支えられ、Old Blood Noise Endeavorsは日々制作と開発を続けています。