f
▽関連タグ

Neunaber Audio Effects ECHELON ECHO V2 / ディレイ エフェクター ギター

    税込み 
  • ¥23,883
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

\ 税込み10000円以上で送料無料! /
   


お支払い方法

種類 ディレイ
アダプター 9-12Vセンターマイナス
電池駆動 --
コントロール mix、time|div、repeats


Neunaber Audio Effects / ECHELON ECHO V2

ヌーネイバーオーディオエフェクツ / エシュロンエコーブイツー


Neunaber Audio Effects ECHELON ECHO V2は、暖かなアナログライクなエコーサウンドを作ることの出来るデジタルディレイエフェクトです。

フットスイッチは2種類のバイパスモードを設定でき、システムに合わせてお使いいただけます。さらにフットスイッチでタップテンポを設定することもできます。クロスフェードタイムチェンジにより、ノイズや音切れ、ピッチチェンジもなく、リアルタイムなテンポ設定が可能です。
ハイファイテープエコーとローファイディレイの2タイプのサウンドを選択することもできます。

●特徴
・100%ウェット設定ができるmixコントロール
・サブディビジョンが設定できるタップテンポ
・最大1秒までのディレイタイム
・バイパスモード設定可能
・ローノイズ、ゼロレイテンシを実現するアナログドライスルー
・コンパクトサイズ
・スタンダードなDC9~12Vアダプターで動作(電池はご使用になれません。)
・Made in Orange County, California USA

●コントロール
・mix
mixノブはドライシグナルとリバーブサウンドのバランスをコントロールします。
反時計回り最小で100%ドライ、時計回り最大で100%リバーブ(キルドライ)となります。3時あたりの設定で50%:50%となります。
mixノブは細かな設定ができるよう作られているため、ノブを回すだけで簡単にリバーブの強さが調整できます。

・repeats
エコーのリピート回数を設定します。

・time|div
ディレイタイム設定します。最小は50msで、メモリ1つで100ms程度です。最大1000msです。
タップテンポモード時、このノブはテンポサブディビジョンを設定します。設定できるサブディビジョンは下記のとおりです。
・1:4分音符
・3/4:付点8分音符
・1/2:8分音符
・1/3:8分3連符

●タップテンポモード
フットスイッチを1秒間長押しするとタップテンポモードに入ります。LEDが赤く点灯したらフットスイッチを離します。
タップテンポモードではフットスイッチをタップしてディレイタイムを設定できます。最大の1000ms(1秒)を超えることはできません。

フットスイッチを再度1秒間長押しするとタップテンポモードを終了します。

●オルタネイトコントロール
これらのコントロールノブはengageフットスイッチを押しながら操作することでもう1つのコントロールとして操作できます。

・effect
repeatsノブは、エフェクト選択として使うことができます。選択できるエフェクトはハイファイテープエコーとローファイディレイです。暖かく、同時に音色がクリアなテープエコーサウンドと、ローファイなディレイサウンドを選択できます。

・trails
time | divノブはバイパス時のtrails(エフェクトの残響を残す設定)を選択できます。



●スペック
ノーマルインプットレベル:-10dBV
最大インプットレベル:8dBV
インプットインピーダンス:1MΩ
アウトプットインピーダンス:1kΩ
周波数レスポンス(ドライ/バイパス):20 Hz - 30 kHz, +/-1 dB
全高調波歪み:0.01%
S/N(ドライ/バイパス):116 dB
S/N(全ノブ50%):101 dB
電源:センターマイナス9-12VDC 100mA
サイズ:115 mm L, 64 mm W, 46 mm H
重量:190 g



Neunaber Audio Effects

Neunaber Audio Effectsは、音にこだわるミュージシャンのためにエフェクターを設計、制作しています。
Neunaberでは、以下の原則に従っています。

・シンプルかつエレガントであることこそ最善である
・音楽は芸術、オーディオは科学である
・デジタルは真空管やソリッドステートと同じツールであり、全ては使い方次第である


Neunaber Audio Effectsはマスプロデューサーではありません。しかしブティックだとも思いません。ただ常に最良のアプローチを行っています。

Neunaber Audio Effectsはアメリカ、カリフォルニア州サンタアナで2009年からエフェクターを制作しています。
代表のBrian Neunaberは1994年からオーディオ機器を設計するプロフェッショナルとして活動し、QSC AudioでDSPの設計を手がけていました。そのDSPはQSC KシリーズにおけるDEEPやGuardRail等の技術に貢献しました。
QSC Audioの前にBrianは、当時CrateやAmpegブランドを扱っていたSt. Louis Musicで多くのエフェクトプロセッサやデジタルモデリングギターアンプの設計も手がけていました。


オススメ商品