DSM Noisemaker OmniCabSim Deluxe

DSM Noisemaker OmniCabSim Deluxe

  • ¥30,751
    単価 あたり 
配送料は購入手続き時に計算されます。


種類 アンプシミュレーター
アダプター 9Vセンターマイナス
電池駆動 -
コントロール High Response、Cab Size、Resonance。Gain、Punch、Mid Response、Headphone Level、Gnd/Lift


ディーエスエムノイズメーカー オムニキャブシムデラックス
“ OmniCabSim Deluxe ”

DSM Noisemaker OmniCabSim Deluxeは、様々なスピーカーやキャビネットスタイルのサウンドをシミュレートすることのできるキャビネットシミュレーターです。

OmniCabSim Deluxeにより、ユーザーが様々なキャビネットレスポンスセッティングを設定できるようになります。一般的なプリセットされたキャビネットシミュレーターを使うことなく、ラインレコーディングでも必要な音色を追い求めることができます。実際のアンプと併用することでも、さらに細かな音色設定を実現します。
マイクの配置、アンプの種類、録音環境などの制約を気にすること無く、必要な音色を作ることができるようになります。



●特徴
・マイク/ラインレベルインプット
・様々なスピーカーの高域特性を調整するHigh Responseコントロール
・低域をコントロールし、スピーカーサイズを調整するCab Sizeコントロール
・低域のレゾナンスをコントロールし、オープンバックやクローズドバックなどのキャビネットタイプを調整するResonanceコントロール
・ヴィンテージサウンドからモダンサウンドまでをカバーするMid Responceコントロール
・800Hz付近のブーストを行い、音色の暖かみを調整するPunchコントロール
・全体の音量を調整するGainコントロール
・個別の音量調整ができるヘッドフォンアウト
・-12dB以下に押さえ、トーンレスポンスに影響しない低いノイズフロア
・スタンダードな6dBブーストを搭載する独立したDIアウトプット
・外部サウンドソースをヘッドフォンアウトにのみミックスできるAuxインプット


●キャビネットシミュレーターとは
キャビネットシミュレーターは、スピーカーの周波数応答をエミュレートします。ギターアンプやベースアンプのスピーカーは、物理的、また電気的な特性により、ローとハイを大きく減衰させるフィルタリング効果により、ギターらしいサウンド、ベースらしいサウンドを作ります。
このフィルタリング効果の違いが、スピーカーやキャビネットの違いによる音の違いとして表れます。OmniCabSim Deluxeは、スピーカーのコーンサイズ、素材、インピーダンス、コンソールサイズやタイプ、さらに設置場所の壁からの距離など様々な要素によるフィルタリングをシミュレートし、スピーカーを通さなくてもスピーカーから録音したようなサウンドとして出力します。
典型的なキャビネットシミュレーションは、70~100Hzの低周波数、5kHz以上の高周波数を急激にロールオフし、中域の周波数を軽くアッテネーションします。例えば、下図は一般的な“V30”スピーカーのシミュレーションです。



●コントロール
・Gain
このコントロールは0~+12dBのゲインコントロールです。インプットレベルが低い時などに上げて使用します。基本的に、このコントロールは低く設定し、強いインプットシグナルを入力することでノイズが抑えられます。

・Hi Responce
このコントロールは高域のロールオフポイントを設定し、様々なスピーカーのタイプを調整します。サブウーファーなどダークなスピーカーの1.5kHz~エクステンドレンジスピーカーなどの8kHzの範囲でロールオフポイントを設定できます。


・Cab Size
このコントロールは低域の調整を行ってスピーカーのサイズをシミュレートします。小さなスピーカーのコンパクトなキャビネットはピークが高くなります。8インチ×1スピーカーの180Hzから15インチ×2スピーカーの70Hzまで設定可能です。


・Resonance
このコントロールはキャビネットのレゾナント周波数を設定します。大きなクローズドバックキャビネットのレゾナントピークは低く、小さなオープンバックキャビネットはメロウなレゾナンスになります。
インプットシグナルの低周波域が強い時、設定によって発振することがあります。


・Mid Response
450Hzを中心としたレスポンスです。様々なスピーカーの違いによるレスポンスを再現します。


・Punch
800Hzを中心に調整します。サウンドのプレゼンスやパンチをコントロールします。


・Headphone Level
ヘッドフォンアウトの音量を調整します。

・Lift/Gnd
XLR端子のDIアウトプットのグラウンドをリフトするかどうか設定します。

●接続例


●サンプルセッティング



●スペック
サイズ:10.8×11.9×5.3cm
重さ:400g
インプットインピーダンス:1MΩ
アウトプットインピーダンス
-Through:1kΩ
-Out:1kΩ
-XLR:100Ω

ヘッドフォンアウトパワー:350mW@8Ohms 170mW@16Ohms
消費電流:40mA(ヘッドフォン不使用時) 100mA(ヘッドフォン使用時)
駆動:2.1mmバレルタイプ センターマイナスDC9Vアダプター

※電池はご使用になれません。

DSM Noisemaker

DSM Noisemakerは、チリ、サンティアゴにてプロミュージシャンのための革新的デバイスを制作しています。
独創性を大切にし、ゼロからオリジナルでペダルを設計しています。
ギグやレコーディングのニーズに基づいた実用的な製品の開発に努めています。