DSM Noisemaker Sub Atomic/ ベースオーバードライブ エフェクター

DSM Noisemaker Sub Atomic/ ベースオーバードライブ エフェクター

    税込み 
  • ¥22,086
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

■ 税込み ¥10,000以上の購入で送料無料 !!




種類 ベースオーバードライブ
アダプター 9Vセンターマイナス
電池駆動
コントロール DRV GAIN、TONE、BLEND、MASTER、DRIVE VOICING、SUB LPF


DSM Noisemaker Sub Atomic

ディーエスエムノイズメーカー サブアトミック



DSM Noisemaker Sub Atomicは、ベースサウンドの高域と低域を切り分け、個別に処理を加えることで自在にベースサウンドをコントロールできるオーバードライブです。
ミッド~ハイにはアグレッシブなディストーションを、ローエンドにはクリーンでタイト、暖かなドライブをかけることができます。さらにクリーンブレンドも備えています。
CMOSアーキテクチャーを直列で使用し、ハイクオリティかつ高い演奏性を持つベースサウンドを実現します。

HIGHサイド(中~高域)にはDRV GAINコントロールを備え、きらびやかなクリーンからグラインドなベーストーンまでをカバーします。DRIVE VOICINGスイッチでハイブースト、ミッドブースト、フラットの3タイプの周波数特性を選択できます。

SUBライン(低域)はSUB LPFスイッチで100Hz、1kHz、またはカットオプションなしの3タイプのローパスフィルターを選択でき、ローエンドをどこで切るかを選択できます。
例えば、SUB LPFを100Jzに設定し、DRIVE VOICINGをハイブーストに設定すればミッドが削られたモンスタートーンとなります。
SUB LPFを1kHzにすればCMOSによる真空管ライクなトーンがモータウンサウンドを作ります。

BLENDコントロールでクリーンをブレンドすることで、歪んだ高域からクリーンな低域までを完全にバランスすることができます。さらにTONEコントロールでトップエンドをスムースにすることができます。

●コントロール
TONE:トップエンドを調整します。
DRV GAIN:中~高域の歪みの強さを調整します。
DRIVE VOICING:左からミッドブースト、ハイブースト、フラットの特性を選択します。
MASTER:全体の音量を調整します。
BLEND:クリーントーンをミックスします。
SUB LPF:ミックスされる低域を左から100Hz、LPFなし、1kHzから選択します。

Sub AtomicはスタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。
※電池はご使用になれません。


DSM Noisemaker

DSM Noisemakerは、チリ、サンティアゴにてプロミュージシャンのための革新的デバイスを制作しています。
独創性を大切にし、ゼロからオリジナルでペダルを設計しています。
ギグやレコーディングのニーズに基づいた実用的な製品の開発に努めています。