Old Blood Noise Endeavors Black Fountain V3 w/ Tap Tempo ディレイ ギター エフェクター

    税込み 
  • ¥28,737
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

■ 税込み ¥10,000以上の購入で送料無料 !!





種類 ディレイ
アダプター 9Vセンターマイナス
電池駆動 --
コントロール FLUID、TIME、MIX、FEEDBACK、Subdivision、MOD/ORG/VIN


Old Blood Noise Endeavors Black Fountain V3 w/ Tap Tempo

オールドブラッドノイズエンデヴァーズ / ブラックファウンテンブイスリーウィズタップテンポ


Old Blood Noise Endeavors Black Fountain V3 w/ Tap Tempoは、テープエコーよりもさらに古いスタイルの“オイル缶ディレイ”のサウンドをエミュレートしたディレイペダルです。
オイル缶ディレイ特有のコーラスライクなモジュレーションと美しく暖かなリピートサイクルを再現しています。
かつて扱いにくかったそのサウンドは、正しく制御されたコントロールと3つのモードにより扱いやすくなり、あのサウンドを最高の状態でいつでも使えるようになりました。

Black Fountain V3はMOD/ORG/VINスイッチでModern、Vintage、Organの3つのモードを選択できます。

Modernモードではクラシックな“オイル缶”タイプのロングディレイサウンドを作ることができます。かつてのMorley EDL、Tel-Ray Model 10、そしてFender Echo-Reverbが奏でたサウンドに近い音色です。TimeとRepeatコントロールは、これらのヴィンテージユニットの動作に近いものとなり、Fluidコントロールでは、オイル缶内部のオイルの“揺らぎ”によって発生する特徴的なモジュレーションを調整します。簡単に言えば、どれだけオイルが揺れるかを調整します。

VintageモードではModernモードと機能的には変わりませんが、ヴィンテージアナログディレイのような、リピート音に軽い濁りとダーティさが加わります。どちらのモードでもディレイタイムは約30msから1秒弱まで設定できます。

Organモードでは、有名なヴィンテージオイル缶ショートディレイ、Tel-Ray Deluxe Organ ToneやFender Dimension IVの音色を再現します。ヴィンテージユニットではディレイタイムが20msに固定されていますが、Black Fountain V3では最大211msまで、ディレイタイムを設定することができます。また、Mixコントロールにより100%ウェットの設定もでき、ヴィブラートトーンを作ることもできます。
Organモードでは、さらにオリジナルヴィンテージDeluxe Organ Toneに内蔵されたスプリングリバーブサウンドも再現しています。

さらに、タップテンポスイッチを搭載。フットスイッチを2回タップするとテンポを設定。サブディビジョンスイッチにより、そのテンポの4分音符、8分音符、3連符のディレイタイムに設定できます。
さらに、タップスイッチを長押しすることでフィードバックが瞬間的に最大となります。

また、エクスプレッションペダルにも対応。エクスプレッションペダルによりTIME、FEEDBACKコントロールを個別または同時にコントロールできます。コントロールするパラメータは内部スイッチで設定することができます。

●コントロール
MIX:エフェクトシグナルとクリーンシグナルのバランスを調整します。最小設定では完全なクリーンシグナルとなり、最大ではエフェクトシグナルのみとなります。

TIME:ディレタイムを設定します。Modern、Vintageモードでは1秒弱ms、Organモードでは211msまでのディレイタイムを設定できます。

FEEDBACK:ディレイシグナルのリピート回数を設定します。最大に設定しても発振はしません。

FLUID:ディレイシグナルのモジュレーションを設定します。最小設定にすればモジュレーションはかかりません。


Black Fountain V3はスタンダードなセンターマイナス9VDCアダプターで動作します。消費電流は90mAです。電池はお使いになれません。



●アートワーク
Black Fountain V3のオイルが溢れ出るようなアートワークはSteel Bisonのサム・ラーソンによるものです。サムはマイクロ水彩ペンを使った極小イラストでも有名です。

Old Blood Noise Endeavorsではペダルの持つ音色や特徴を伝えるため、ペダルのデザインは非常に重要だと考えています。
しかし、Old Blood Noise Endeavorsでは回路の“デザイン”はできても、イラストを描くことができません。
Old Blood Noise EndeavorsのBrady Smithが数ヶ月のロードワーキングで知り合った、ツアーマネージャーが、偶然にもサム・ラーソンの相棒だったのです。
Old Blood Noise Endeavorsはサムと共に芸術について語り、アートワークを完成させました。


Old Blood Noise Endeavors

TAKE RISKS. MAKE NOISE.

Old Blood Noise Endeavorsは、ペダルを作ること、音楽を聴くこと、そしてコーヒーを飲むことを至上の喜びとしています。
時々動画を作ったり、絵や文章を書いたり、冗談を言ったりもします。

Old Blood Noise Endeavorsはガレージからスタートしました。というより、ガレージに戻ってきました。
いくつかのエフェクターメーカーで経験を積み、作りたいペダルを作ることが出来るようになりました。そこで、マニアックでニッチな、本当に好きなエフェクターを作るためにOld Blood Noise Endeavorsを設立したのです。
Old Blood Noise Endeavorsは、Brady SmithとSeth McCarrollがエフェクターを制作し、また音楽を作ったり聴いたり、コーヒーを飲んだり、考えたりします。マッツ・ミケルセンの次の作品を待ち望んだり、脚本を書いたりはしません。
Atria CreativeのBlake StuddardやDisaster Area DesignsのMatthew Farrow、Learn to BrewのScott Windsorをはじめとする才能ある友人に支えられ、Old Blood Noise Endeavorsは日々制作と開発を続けています。


オススメ商品