▽関連タグ

Dr.Scientist The Atmosphere / リバーブ ギター エフェクター

    税込み 
  • ¥48,535
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

\ 税込み 1万円以上で送料無料! /



種類 リバーブ
アダプター 9-18Vセンターマイナス
電池駆動 -
コントロール RES、MIX、VOL、TONE、DECAY、CTRL1、CTRL2、PATCH、MULTI、BYP


Dr.Scientist / The Atmosphere

ドクターサイエンティスト / ジアトモスフィア


Dr.Scientist The Atmosphereは、16タイプの高品質なDSPリバーブアルゴリズムを収録するコンパクトなマルチリバーブです。スプリング、ホール、プレートなどのクラシックなリバーブトーンだけでなく、リバース、ゲート、ピッチなどの実験的なサウンドも収録されています。
The Atmosphereにはオンボードプリセット、内部LFOシステム、エクスプレッション/CVコントロールマッピング、MIDIコントロールにも対応し、1.8インチTFTカラーディスプレイを備えています。
ギター、ベース、シンセサイザー等の様々な楽器で使用できます。

●特徴
・コンパクトサイズに16のカスタムプログラムされたリバーブを収録
・16種類のオンボードプリセット
・MIDIですべてのパラメータのコントロールとプリセットアクセスが可能
・大型カラースクリーンディスプレイ
・機能を割り当てられるマルチストンプスイッチ
・8タイプの波形とタップテンポに対応したモジュレーション
・エクスプレッション/CVコントロール、内部LFOをマッピング可能
・MIDIクロックにLFOを同期
・モメンタリインフィニティディケイ
・高品質アナログシグナルパス
・プレミアムコンポーネンツ
・ソフトタッチリレースイッチングにより、トゥルーバイパスとトレイルバイパスを選択可能
・ウェット/ドライミックスコントロール
・33.2kHz、24bitのA/D変換
・DSPエンジンのクロックとシステムレゾリューションをコントロール
・トップマウントオーディオ・電源ジャック

●コントロール
・RES:16kHzから33.2kHzまでDSPのクロック・システムレゾリューションを制御します。サンプリングレートやディレイタイム、エフェクトレートが可変します。
・MIX:ドライシグナルとウェットシグナルのバランスを調整します。
・VOL:音量を調整します。
・TONE:ウェットシグナルの高域をカットまたはブーストします。
・DECAY:リバーブのフェードアウト時間を調整します。
・CTRL1:選択中のリバーブのパラメータ1です。
・CTRL2:選択中のリバーブのパラメータ2です。
・<PATCH>:ロータリーエンコーダーです。プリセットパッチをサイクル選択します。また、メニュー画面のナビゲートにも使用します。押すと現在のパッチのデフォルトとプリセットが切り替わります。長押しすると現在の設定をプリセットに保存します。ダブルクリックでメニューに入り、メニュー内のオプションは押して選択します。ON時はエフェクトのメニューに、バイパス時は全体の設定メニューになります。
・MULTIフットスイッチ:様々な機能を割り当てられます。長押しすることで次のパッチ、前のパッチ、プリセット/デフォルト切り替え、インフィニティディケイ、LFOタップテンポ、LFOのON/OFF、機能なしを選択できます。このスイッチを長押ししながら<PATCH>をダブルクリックするとメニューに入ります。
・BYPフットスイッチ:エフェクトON/OFFを切り替えます。長押しすると、バイパスモードがトゥルーバイパスとトレイルバイパスで切り替わります。

●アルゴリズムとコントロール
The Atmosphereの16タイプのリバーブは長い時間をかけて手作業で制作しています。各パッチごとに1つのプリセットを保存でき、デフォルト/プリセットの切り替えでプリセットをロードできます。様々なサウンドをカバーし、古いロックンロールのクラシックサウンドに敬意を表しながら新しくユニークなサウンドを作ります。

16種類のアルゴリズムが収録され、それぞれに2つのCTRLパラメータがあります。
1.Spring CTRL1:Spring Length CTRL2:Drip Level
スプリングリバーブサウンドです。

2.Hall CTRL1:Pre-Delay CTRL2:Bass
ディープでスタンダードなホールリバーブです。

3.Octave CTRL1:Octave +/- CTRL2:Oct/Rev Mix
オクターブ上または下を加えます。

4.Rotary CTRL1:Rotating Rate CTRL2:Rotary/Rev Mix
ロータリースピーカーサウンドをシミュレートします。

5.Plate CTRL1:Pre-Delay CTRL2:Bass
ナチュラルなプレートリバーブを再現します。

6.Smear CTRL1:Diffusion CTRL2:Delay Time
リバーブサウンドに近づけることもできるディレイです。

7.Vibro CTRL1:Vibrato Rate CTRL2:Vibrato Depth
ピッチビブラートを通るリバーブです。

8.Gated CTRL1:Gate Length CTRL2:Gate Threshold
音が鳴っていないときにリバーブを鳴らすゲートリバーブです。

9 .Swell CTRL1:Reverb delay time CTRL2:Reverb swell time
ゆっくりとフェードインするリバーブです。

10.Filter CTRL1:LPF cutoff CTRL2:HPF cutoff
ローパスとハイパスフィルターを備えたリバーブです。

11.Mod FX CTRL1:Modulation Rate CTRL2:Modulation Type
フランジャー、コーラス、トレモロ、リングモジュレーションから選択できるモジュレーションを加えたリバーブです。

12.React  CTRL1:LPF cutoff CTRL2:Envelope Sensitivity
小さな音には大きなリバーブと弱いフィルターが、大きな音には小さなリバーブと強めのフィルターがかかります。

13.Aether CTRL1:Reverse/Delay Mix CTRL2:Phaser
リバースディレイ・リバーブにフェイザーをかけることができます。

14.Room CTRL1:Pre-Delay CTRL2:Bass
小さめの空間をイメージしたリバーブです。

15.Alias CTRL1:Sample Rate CTRL2:Alias/Rev Mix
リバーブのサンプルレートを下げることができます。

16.Pitch CTRL1:Pitch Rate / Manual Pitch CTRL2:Pitch Down / Manual / Up
ピッチが下がり続ける、または上がり続ける、またはマニュアルピッチ指定ができるリバーブです。

●メインメニュースクリーン:<PATCH>ノブをダブルクリックすると、4つのサブエリアを持つメニュー画面に入ります。<PATCH>を回して様々なオプションにスクロールし、<PATCH>を押して選択します。ペダルのインプットMIDIチャンネルやトゥルーバイパス・トレイルバイパス切り替え、内部LFOシステムとエクスプレッション/CV/LFOマッピングの設定などを設定できます。

●内部LFOシステム
The AtmosphereにはVOL、MIX、RES、DECAY、CTRL1、CTRL2パラメータに割り当てることのできる強力なLFOがあります。メニューの[Exp&LFO Mapping]ボックスでLFOを必要なパラメータにマッピングできます。メインメニューではLFOのON/OFFを切り替えができ、MULTIフットスイッチがLFOのON/OFFに割り当てられていればフットスイッチでの切り替えも可能です。
LFOレートは1~350BPMの範囲で設定できます。LFOレートは<PATCH>ノブ、タップテンポ、MIDIクロックから設定できます。LFOの深さは10段階で調整でき、デフォルトは3に設定されています。さらにLFOには8種類の波形があります。サイン、ランプ、ノコギリ、トライアングル、スクエア、ステップ、サンプル&ホールド、ランダムから選択できます。

●エクスプレッション/CV
The AtmosphereにはTRSケーブルを使用するエクスプレッションペダル、またはTSケーブルを使用するCVコントロール端子があります。エクスプレッションペダルは10kΩ~100kΩに対応していますが、50kΩ以上を推奨します。
エクスプレッションを最大(トーダウン)に設定し、2つのフットスイッチを押しながら電源を入れることでエクスプレッションペダルの最大値を設定できます。別のエクスプレッションペダルを接続する際にも同様にキャリブレーションができます。何も接続せずに同様の操作を行うとCVモードになります。CVは0-5VDCに対応しています。

●MIDI
出荷状態ではすべてのMIDIメッセージを受信します。
受信するMIDIメッセージはCC(コントロールチェンジ)で、ONEノブを除く様々なTデジタルパラメータをリモートコントロールでき、PC(プログラムチェンジ)でプリセットの保存やロードができます。また、MIDIクロックにLFOレートを同期できます。

●スペック
・電源:DC9-18Vセンターマイナスアダプター
・消費電流:300mA@9V、600mA@18V
・ソフトタッチリレートゥルーバイパス・トレイルバイパス
・モノラルインプット、モノラルアウトプット、TRSエクスプレッション/TSCVインプット
・トーンコントロール:±12dB・3kHzを中心とする2次ピーキングフィルター
・エクスプレッション:TRSインプット、10kΩ~100kΩ
・オールアナログドライシグナルパス
・サイズ:70×129×59mm


電池はご使用になれません。


Dr.Scientist

Dr.Scientistの世界へようこそ。Dr.Scientistはカナダから創造性を刺激し、音を探求したくなる小さなパッケージを制作しています。


オススメ商品